Samba na Rua

サンバ・ナ・フア~路上のサンバ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川内原発の再稼働に反対し廃炉を求める姶良市議会の決議案に賛同します

2014.07.18 (Fri)
原子力規制委員会は7月16日、九州電力川内(せんだい)原発について「新規制基準に適合している」とする審査書案を了承しましたが、田中俊一委員長は「基準への適合は審査したが、安全だとは私は言わない」とあくまで責任を回避しています。

川内原発は過去、火山噴火による火砕流の到達した可能性のある場所に作られており、火山学者によって危険を指摘されてきました。また原発事故へ対処する国際基準「深層防護」の最後の砦と言われる住民の避難計画も、未だ手付かずの状態です。

薩摩川内市の東に隣接する、原発30キロ圏の姶良(あいら)市の市議会は11日、九州電力川内原発の再稼働に反対し、廃炉を求める決議案を可決しました。

鹿児島県知事は、再稼働には周辺自治体の同意は不要と言っていますが、原発事故のもたらす広大な放射能汚染を知った今、原発30キロ圏の自治体の意向抜きに進めることは許されません。

私たちは姶良市議会の決議案に賛同し、川内原発の再稼働に反対するとともに、速やかな廃炉決定を求めます。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。