Samba na Rua

サンバ・ナ・フア~路上のサンバ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンバ・ナ・フア活動報告:2015/11/28(土)「アースパレード2015東京」日比谷公園~銀座鍛冶屋橋

2015.11.30 (Mon)
サンバ・ナ・フア、久しぶりにちょっと本格的なサンバ・バツカーダ演奏でした。
COP21パリ会議に先駆け、2015年11月28日(土)に開催された「アースパレード2015東京」。サンバ・ナ・フアはサンバ・バツカーダでパレードの送りだし演奏をし、パレードにも参加して、自然環境の維持と脱原発の意思表示をました。

アースパレード2015東京
日比谷公園野外音楽堂
2015年11月28日(土)
15時~パレード
(日比谷公園・西幸門~銀座・鍛冶橋まで)
主催:Climate Action Now!キャンペーン実行委員会
★主催者公式サイト:「気候をまもる、パリへの行進 アースパレード2015」

<ステージ出演者>
佐藤タイジジンタらムータ制服向上委員会、野瀬正彦、長谷川光志ゼロノミクマ、ほか
<メッセージ>
シンキャン・タレシ(ツバル)、ミャンマーの住民、ほか
<サンバ・ナ・フアの演奏>
サンバ・ナ・フアはサンバ・バツカーダ演奏で日比谷公園の西幸門から出発して行くパレード参加者を送り出しました。飛び入りでケンガリ(韓国の小さな銅鑼)やパンデイロなどで参加してくれた人もいて、とても賑やかな演奏になりました。
パレードの先頭はジンタらムータさんの演奏。「アメージンググレイス」のメロディーに乗って歩き出しました。
送り出し演奏の後、サンバ・ナ・フアもパレードに加わり、サンバ・バツカーダを演奏しながら、道行く人たちに自然環境の維持と原発反対の意思表示をしました。ケンガリやミニサイズのチンドンなど色々な楽器を持った仲間たちも合流してくれて、パレード参加者の中にはリズムに乗って踊ってくれた海外の男性もいました。銀座・鍛冶橋のゴール地点で短く演奏して終了しました。
抗議のデモやパレードでは色々なドラムの参加者と混成になることが多く、また、コールをする人のテンポやグルーブに合わせるため、なかなか機会が無いのですが、今回は参加メンバーも多く、久しぶりに本格的なサンバ・バツカーダ演奏となりました。(う)

<動画>
サンバ・ナ・フアのパレード出発送り出し演奏

撮影:The Riverさん

パレードのサンバ・ナ・フアのサンバ・バツカーダ演奏(1)

撮影:The Riverさん

パレードのサンバ・ナ・フアのサンバ・バツカーダ演奏(2)

撮影:The Riverさん

パレード全体

撮影:KENさん



























関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。